習慣で健康をケア

健康にいい習慣をつける

質の良い睡眠の情報

新着情報

寝る前のよい習慣で健康になる 

寝る前のちょっとしたことで、質の良い眠りが得られ、ひいては健康増進につながるということもあります。例えば、寝る前にものを食べてはいけないこと。腹が膨れると眠くなりますから、ついつい食べてしまいますが、胃に血流がいって、眠りが浅くなるようです。また、激しい運動もしないこと。これも血流の関係でしょう。ただし、ストレッチなどは、リラックスできていいようです。更に、起床時刻は90分1単位として、その倍数で目覚まし時計を設定するといいこと。人の眠りには気分よく起きられる時間とそうでない時間があるのです。自然に起きるのが健康には一番いいのでしょうけれど。

熟睡のために寝る前にする事 

質の良い睡眠を取ることで、体の疲れも取ることができ翌朝の目覚めもよくなります。健康のためにも、十分な睡眠は必要になります。しかし、最近は寝付くのが上手く出来ない人が増えています。健康にために、しっかりと睡眠を取るには寝る前の2時間前からは食べることは止めることです。睡眠中は胃腸の働きが止まるので、食べたものが胃の中に残っていると睡眠の妨げになります。また、寝る前に体を軽くストレッチなどでほぐして全身の血流をよくすることも大事です。時間がない場合や面倒と感じるときは、ふくらはぎだけのマッサージでも血流はよくなります。

コーヒーやん